骨盤ダイエットを実践して太りやすい体質を改善

下半身に余分な水分や老廃物が蓄積されてしまい、骨盤が開いているとお尻も大きく見えてしまうのです。
太りやすい体質になってしまうだけではなく、そうなると新陳代謝が衰えてしまい、痩せにくい体質になってしまうこともあるのです。

 

幅広い層で注目される骨盤ダイエットで骨盤を正しい位置に矯正することで、お腹やお尻を理想的な状態に変えることができます。
このことから骨盤を矯正することにより、下半身太りの原因を根こそぎ解消させることが出来るというワケです。
例えば部分痩せを求めている人は多いですが、それも自分自身の努力で実現させることは正直難しいものです。
やはりエステで導入されている最新マシーンのご利用がオススメであり、部分痩せを実現出来るのです。 骨盤ダイエットで最も期待することの出来るのが、やはり誰でも幸せを感じることの出来るダイエット効果となります。
骨盤が歪んでしまっていると内臓が下降してしまい、下腹が出てきてしまう骨盤というのは様々な内臓を支えていることを覚えておきましょう。

 



骨盤ダイエットを実践して太りやすい体質を改善ブログ:2019/02/12

減量を挫折する理由の
ナンバーワンともいわれる減量の停滞期!

停滞期を上手に乗り切って、
減量を成功させるためにも
停滞期の周期を把握しておきましょう。

減量の停滞期とは…

何らかの減量を行うことによって
今まで体に蓄積されていた脂肪がなくなると、
体は減った分の脂肪を補おうとします。

そうなると基礎代謝も下がってしまい
脂肪燃焼力も下がるので、
同じように減量を続けていても
体重が減らないといった現象が現れるわけです。

停滞期と減量期は交互に訪れますから、
停滞期の周期を把握して、
この期間にできるだけ代謝を上げるように
心がけることが大切になります。

停滞期の周期を把握するためには、
自分の体重減少状態はきちんとメモし、
グラフにしておくと良いでしょう。

停滞期には個人差がありますが、
一般的には
3週間〜ひと月前後が
周期といわれています。

停滞期は個人によって期間が違うので、
あせらず今までどおりの
減量を続けるようにしましょう。

停滞期に体重の変化を気にしすぎると、
ストレスとなり
やけ食いなどの原因ともなってしまいますよ。

せっかく減った体重が元に戻ったり、
それ以上にリバウンドしてしまっては
これまでの努力が水の泡!

停滞期と上手に付き合うことが
減量を成功させるコツですから、
自分の周期をしっかり把握しておきましょう。

減量を着実に続ければ、
停滞期と減量期を繰り返しながらも、
必ず目標体重に近付いていきます。

思うように体重が減らないからといって
減量を諦めてしまわないようにしましょうね。

今日はおしまい!!!